アクセスカウンタ

下見日記。

プロフィール

ブログ名
下見日記。
ブログ紹介
西条の下見近辺に住む♂しょうじ。

左のトップ写真は、佐賀県唐津市の海岸です。高校生の時に撮影しました。



(お願い)このブログの文や画像の転載では?と思うサイトを時々見かけますが、無断での転載はご遠慮願います。掲載希望の際はご一報ください。
zoom RSS

北陸新幹線開業

2015/03/15 11:49
昨日、北陸新幹線長野〜金沢間が開業し、首都圏と北陸が新幹線で直通しました。

今回の開業について、今朝、五大紙と中国新聞の記事を読みました。

今回新幹線が開通したことで、北陸地域が日本他地方、海外との交流が活発になり、北陸地域が活性化されることを願っています。
先に新幹線が開業した九州が、先行の良い例だと思います。観光列車が大勢の観光客で賑わっていて、仕事上手な客室乗務員さんの演出もあっていつもイベントが開催されたように盛り上がっている九州のように…。九州のように、地元が賑わうことは、同じく新幹線開業を控えた北海道の人も、待ち望んでいます(※1,※2)。新幹線は、人の交流を活発化させ、今まであまり注目されなかった地域が注目されるようになると思います。


北陸から人とお金が首都圏に流出するストロー現象が懸念されていることも確かですが、読売新聞には金沢大教授が「そこに住みたいと思える要素があればストロー現象は起きない」とコメントしています。日本の伝統が息付き、日本の新しい発展のモデル(※3)である北陸は、新幹線で移動が容易になったことも相まって、これからますます栄えていくと、信じています。

そして同時に、これまで首都圏・北陸間移動の動脈を担い、これからも地元生活路線として走り続ける第三セクター鉄道・北越急行(新潟県)が、今後とも安定して元気に運営されていくことを願っています。

※1「どうしん鉄道ブログ」(北海道新聞関係のブログ)
(http://blog.hokkaido-np.co.jp/tamatetsu/2014/11/sl.html)ページ最下部にて、「北海道新幹線が開業した際には、道内にもこのような温かみあるサービスが提供される列車が走ることを期待したいと思います」とコメントされています。

※2「リアルエコノミー」記事(http://hre-net.com/keizai/kotu/3365/)後半にて北海道新幹のメリットが語られています。

※経済学者の中村剛治郎氏の論文(http://hre-net.com/keizai/kotu/3365/)より。


<追伸> 新聞記事中で、18年前、1997年10月1日の北陸新幹線大宮〜長野間開業が言及されていましたが、僕はその当時、翌日2日付の新聞記事(朝日新聞記事)を思い出しました。長野開業の記事の隣にあった記事です。第三セクター土佐くろしお鉄道(高知県)の宿毛線の開業の記事であり、長年の悲願が叶った地元の人々の嬉しさが伝わってきました。本当にあの記事は、印象に残りました。新幹線のような大動脈ではないけれども、住んでいる人々にとってはなくてはならないローカル鉄道の価値の重みを感じます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


最近読んだ本

2015/03/14 10:50
最近読んだ本です。

山西義政(イズミ・ゆめタウン創業者・会長)著『混迷の時代こそチャンスだ 道なき時代に、道をつくる』
丸善プラネット刊

ダイエットコーチEICO著『ダイエットで悩んだって、1kgも減りません』主婦の友社刊


本で読んだ知見を基に、人生成功のための努力と、ダイエットを頑張ります!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日々、こつこつと努力します

2015/03/09 21:38
自分を変えたい。劇的に変えたい。

でも、人間すぐに劇的に変わることはできません。

大事なのは、こつこつと、少しずtの努力を毎日継続させること。

僕はその気持ちで、日々少しずつ努力をします。

一日何か一つでも、昨日できなかったことをクリアする。それを心がけます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ピアノ、フルートの発表曲

2015/03/08 09:02
僕がピアノを習っていることは、このブログで度々お伝えしましたが、3年前からはフルートも習っています。

ピアノの発表会は夏、フルートの発表会は秋にあります。

ピアノの発表会で弾く曲は、もう決めました。Mr.Children「HANABI」です。

フルートは…。一度ある曲に決めましたが、その曲は楽譜が出版されていないため取りやめ。現在、別の曲を模索中です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ご無沙汰しています

2015/03/07 09:49
ご無沙汰しております。

今日より、新たな気持ちで、更新を再開いたします。

僕の別ブログhttp://flutephone.jugem.jp/では中国山地の情報を紹介していきますが、こちらのブログではそれ以外の情報を総合的に発信してまいります。

地元西条のことをたくさん書いていきたいです。

このブログのタイトルは「下見日記。」ですが、僕はもう下見(近辺の地区)から別の場所に引っ越して、もう3年半になります。ですが、現在、下見のある店で働いています。その店は、僕が下見近くに住んでいて、下見を生活拠点にしていた時代の、思い出の店です。この巡り合わせに、不思議な縁を感じます。僕にとってやはり、「下見」は特別なブランドです。

下見近くに住んでいた時代の思い出を胸に、でもそこからの成長に向けて努力することを、これからの目標にします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


僕のこれまでの人生、そしてこれから目指す人生

2014/09/13 20:46
ディープな話、失礼します…。


僕という人間は、一体どういう人間なのか、最近よく考えます。


現在、32歳です。


自分の青春は、中学3年の時、15歳の時から、始まったように思います。

その時から何をし続けたのかと言いますと、

青春18きっぷで、日本中を旅行しました。特に、秋田県には11回ぐらい、北海道にも11回行きました。

あるNPO法人のボランティア活動(地学的なこと)に参加しました。

大学院生の時代に、カープ観戦をたくさんしました。旧広島市民球場で、参加者約80人の観戦会を企画し、福島や北海道の人々に出会いました。旭川スタルヒン球場の訪問を通じて、ビクトル・スタルヒンの人間ドラマを研究し、北陸の球場や北海道の札幌ドームで友人に出会いました。


西条のあるスーパーマーケットの会計レジに毎日立ち、ものすごく青春のエネルギーを捧げました。


これが、僕の、今までの32年間の人生です。


僕という人間は、一体どういう人間なのだろうか。

自分でも、その答えが出ません。


今、少しだけ答えが出ています。それは、好きなことをとことん突き詰める性分であること。「これまでああいう経験をしたから、今後は違う経験をしよう」とは考えず、むしろいつも、「地方への旅行」「地方球場観戦」ばかりしています。

そして、「日本の地方」「北国」が、好きで好きでたまらないのだということ。三次・庄原などの中国山地が好きでたまらないですし、北陸や東北や北海道が持っている、「北国らしい美しさ」に惹かれます。地方で取れた農産物で地方が活性化する、地産地消という言葉に惹かれますし、僕がかつて居たスーパーには、地産地消に貢献するスーパーであってほしいと願っています。


湯来町での幼少の思い出、中学時に匹見町に通ったこと、可部線を守ろうとしたことが、その自分らしさの源流にあると思いますし、大学1年で徳島から稚内までいきなり行った経験も、基礎になっていると思います。


徳島から自力で、津軽海峡を越えて北海道函館市にたどり着いた、19歳の時の経験は、ミスチル「優しい歌」の力強いイントロボイスと共に、懐かしく思い出します。



人とは違う経験をしてきた、32歳までの人生でした。そこで得られた、「とことん好きなこと」を極めつつ、その「とことん好きなこと」を違った角度から眺める経験を、これから、していこうと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


滞ってしまいました

2014/03/19 07:16

返信が滞ってしまいました…。

最近、とにかく忙しいですが、今週中には落ち着くと思います。

ちなみに、正直な告白…。先週、お酒を飲みました。宴会に参加した時、誘惑に負けてしまって…。

一回黒星を付けてしまいましたが、再び禁酒頑張っています!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

下見日記。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる